ドイツ強制収容 同性愛者

ドイツ強制収容 同性愛者

ドイツ強制収容 同性愛者



本項では、ナチス・ドイツとホロコーストによる同性愛者迫害について述べる。ドイツのナチス党とアドルフ・ヒトラーの誕生に伴い、ゲイの男性やレズビアンは、ナチスが標的とする数多くのグループのうちの2つとなり、最終的にはホロコーストの犠牲者となった。1933年にゲイ組織が禁止され、同性愛に関する学術書(ユダヤ人ゲイの権利運動家マグヌス・ヒルシュフェルトが発行するInstitut für Sexualwissenschaft(英語版)など)が焚書され、ナチス党内の同性愛者が殺害された。ゲシュタポ

ナチスは1933年1月に権力を握るとすぐに、一部の同性愛者を強制収容所に収容しました。 収容された人々はドイツ社会のあらゆる分野に属していた人々で、収容の理由以外に共通点はほとんどありません …

ゲシュタポは同性愛者のリストを編集し、同性愛者は性的に「ドイツの基準」に従うように強制された。 1933年から1945年の間に、約10万人の男性が同性愛者として逮捕され、その内約5万人が公式に刑を …

被収容者の内訳は、ソ連兵捕虜、ドイツ人犯罪者や同性愛者、ポーランド人政治犯が主となっている 。後に開所する「第二強制収容所ビルケナウ」や「第三強制収容所モノヴィッツ」を含め、アウシュヴィッツ強制収容所全体を管理する機関が置かれていた。

強制収容所(きょうせいしゅうようじょ、独: Konzentrationslager コンツェントラツィオンス・ラーガー、一般にKZ(カーツェット)と略、管理者である親衛隊 (SS) は公式にKL(カーエル)と略 )は、ナチス党政権下のドイツがユダヤ人、反ナチ分子、反独分子、エホバの証人、政治的カトリック、同性愛者、ソ連捕虜、常習的犯罪者、「反社会分子」(浮浪者、ロマ、労働忌避者など)といった者たちを収容するために、ドイツ本国および併合・占領したヨーロッパの各地に設置した強制収容所である。

初期の強制収容所の囚人のほとんどは、ドイツ人の共産主義者、社会主義者、社会民主主義者、ロマ族(ジプシー)、エホバの証人、同性愛者、「反社会的」(社会的に逸脱した行動)と告発された人々でした。これらの施設は、収容者が物理的に1か所に ...

「第5章 同性愛の世界」のp.238に「同性愛者は収容所内でピンクのトライアングルを付けられ、その数はおよそ五,〇〇〇人とも一万人ともいう。また一万五,〇〇〇人だという説もある。そのうち女性のケースはほんのわずかだった。」とあります。

収容所内の「ベッド」 館内展示の拷問台 子どもの収容者 子どもでも容赦せず収監した ユダヤ人たちを検挙し裸にして丸坊主にするシーン 生存者が後に描いた絵 ヨーロッパの強制収容所地図 ドイツ(濃紺)の中央部に当収容所がある (展示パネル)

「ホモセクシアル」という言葉が生まれた約150年前、同性愛者は社会で受け入れられず、偏見や差別を受けたばかりでなく犯罪者として扱われました。またナチスドイツは同性愛者達を強制収容し迫害しま …

ドイツ強制収容 同性愛者 ⭐ LINK ✅ ドイツ強制収容 同性愛者

Read more about ドイツ強制収容 同性愛者.

7
8
9
10
11

Comments:
Guest
People are very open-minded about new things--as long as they're exactly like the old ones.
Guest

When I can't handle events, I let them handle themselves.

Guest
He who sows courtesy reaps friendship, and he who plants kindness gathers love.
Calendar
MoTuWeThFrStSu